banner

必要な通帳コピー

会社設立に必要な通帳コピーについて


会社設立をするためには資金が必要となります。事務所を確保するためにも必要となってきますし、当初の運転資金を確保することも必要となってくるでしょう。最初に資金がないと何もできないのですから、実際に経営が始まる前に資金を準備しなければなりません。これが資本金という考え方です。

会社としてはまだ営業を開始していないのですから、資金はどこかから集めてこなければなりません。最初に資金を提供してくれる人のことを出資者と呼びます。まずは資金を集めなければならないのですが、会社設立をするときには、ただ単に集めるだけではなくて、集めたことを書類として提示することが必要となってきます。そのために、通帳を作成して通帳コピーを提出するというのが一般的です。

設立前の時点では、まだ会社ができていないのですから会社の口座もありません。会社の口座は、会社設立が完了してから銀行と契約をして開設してもらう事になるわけですから、この時点ではどこに振り込めば良いのかというのが問題となってきます。このときには、会社を設立する人の個人口座に振り込んでもらう事になります。普段から使っている口座に振り込んでもらっても良いのですが、この場合には出資金を振り込んでもらうために一つ口座を作るのも良い方法だと言えるでしょう。

なお、出資者から振り込みを行ってもらう場合には、出資者の指名が分かるようにしてもらうのが良いです。振り込みの手続きをする時点で、振り込む人の名前をカタカナで入力できる場合が多いですから、このときにフルネームをカタカナで入力してもらうのがもっとも良いと考えられます。

新しい口座を作り、そして出資者から振り込んでもらえば、それが分かるように記帳します。その後、出資者から振り込んでもらったことが分かる部分をまずコピーします。それとともに、銀行名や支店名、口座番号などの情報が記載された部分もコピーします。通常は、通帳を開いてすぐのページに記載されますから、この部分のコピーをとれば良いでしょう。

出資金は会社設立のためのものですから、手をつけてはいけません。不正に利用したと見なされることもあるからです。ですから、通帳に出資金を振り込んでもらったとしても、法務局での手続きが完了して会社設立の手続きがすべて終わるまでは、そのままにしておくのが良いと考えられます。法務局での手続きが終わってから色々な清算を行わなければなくなります。

Copyright(c) 2014 設立にかかわるお金についてAll Rights Reserved.