banner

代行業者を比較する

会社設立の代行業者を比較する


会社設立というのは社長を目指す人にとっては重要な手続きの一つです。事業を行うには必ずしも必要なものではありませんが、大きなことをしていこうと思うのであれば多くのメリットが存在するため、会社設立という選択肢を選ぶヒットが殆どです。この会社設立の手続きにはいくつかの方法があります。そのうちの一つは自分で調べながら全部やる方法と、会社設立の手続きを代行してくれる業者を活用する方法です。このどちらが良いかは会社を設立して経営者になろうとしている人の考え方次第です。
まず、会社設立のために必要な手続きというのは基本的に書類の提出です。

会社を作ろうとする地域を管轄する法務局に必要となる書類を提出して受理されることが会社設立のために必要な手続きになります。その手続きの中で代行業者に任せることが難しい分野としては、事業内容を決定することと、資本金を集めて銀行に払い込むこと、そして会社の印鑑を作ることの三種類が一般的です。中にはこれらの手続きもやってくれる場合もあるかもしれませんが、経営者として最低限これらのことについては理解しておきたいものです。

まず会社の事業内容については定款という書類にまとめることが求められます。作ろうとしている会社が株式会社であれば、専門家の助言を得ながら慎重に作ることをお勧めします。後から修正するのには手間とお金がかかるので最初の段階でしっかりと対応するのが大切なのです。代行業者はこの分野の専門である行政書士である場合が多いので、経験豊富な専門家に助言を請うのが良いでしょう。
次に資本金の払込ですが、これは自分でやるしかありません。出資者を募るか、自己資金で資本金を確保する必要があります。その資金を銀行に振り込んで、払込の証明書を発行してもらいましょう。それが会社設立の必要書類の一つになります。

最後に会社の印鑑です。これは印鑑証明を作成して将来的に様々な取引に使用することを想定しているものです。既にある印鑑を流用するのは避け、新規で制作するのがセキュリティ上もお勧めできますので、しっかり対応する方が良いでしょう。これらの手続きに関しては代行せず自分で処理することをお勧めします。

これらの業務以外の全てを代行してもらった場合、実は自分で処理をした場合と比較してもかかる費用があまり変わらないケースもあります。それは定款を電子媒体で提出する場合に発生します。電子媒体で作るのには技術が必要ですが、業者であれば簡単です。そうすることで承認用の印紙税が不要になるため、却って安くなるケースもあります。会社設立に関しては業者の助けを借りた方がメリットがあります。

Copyright(c) 2014 設立にかかわるお金についてAll Rights Reserved.