banner

クレジットカードを持とう

会社設立をしたらクレジットカードを持とう


会社設立をしたのちには様々な手続きが必要となってきますが、クレジットカードを持とうと思っているのなら、早めに作るほうが良いです。いずれはカード払いをしたいと考えるようになる事もあるでしょう。このときには、個人のカードで利用するよりも、法人でカードを作っておいたほうが良い場合が多いです。現金払いをする場合に比べれば、様々なメリットがあるのです。では、そのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、個人と区別できるというメリットはあります。個人事業主なら区別する必要はありませんし、会社設立をした後にも個人のカードをで支払って会社で生産するという方法をとることもできます。しかし、経理上は区別しておいた方が便利です。ですから、法人カードを作成するほうが良いのです。

カード払いで色々なものを支払うと、経理処理をまとめて行うことができます。ですから、経理負担を軽くするためのものとしても必要だと言えるでしょう。支払ったものを記帳し忘れると言うことは、現金決済をしているとよくあることです。カード払いにすれば、後から明細書が届きますから、これを見れば確認する事ができます。この点でも経理に対する負担は非常に楽になると考えられます。

会社設立をした後に、もっとも頭を悩ませるのが資金繰りです。来月には資金が入ってくるのが分かっていても、今月は苦しいと言うときもあるでしょう。借り入れをすることで利息を支払うのも馬鹿らしいことでしょう。カード払いであれば、1ヶ月間は支払いをせずに済みますから、資金繰りは良くなると考えられます。

マイルやポイントが貯まるというのもメリットの一つだと考えられます。個人のショッピングはたかが知れていますが、会社となると様々なものをカードで支払いますから、マイルやポイントは一気に貯まります。これを活用して経費を浮かせると言うことも考えられるでしょう。マイルやポイントのために無駄遣いするべきではありませんが、どうせもらうことができるのならもらっておいたほうが良いに決まっています。また、様々な優遇を利用できるのもメリットの一つだと言えるでしょう。

クレジットカードを作ることによってこのようなメリットがあります。会社設立をした後には、色々と購入しなければならないものもありますし、契約をしなければならないこともあります。ですから、早めにクレジットカード契約をしておくのが良いのです。

Copyright(c) 2014 設立にかかわるお金についてAll Rights Reserved.